挨 拶

  • 挨 拶

    健康長寿社会の実現は、日本をはじめとする先進国のみならず、アジア諸各国においても重要な課題となってきております。最先端の創薬技術に基づいて開発された次世代医薬品と、おなじく最先端の幹細胞技術がもたらす革新的な再生医療技術は、世界中の人々のQOL(quality of life : 暮らしと生活の質)の向上に貢献することが期待されています。本学の学術憲章に謳われるように、創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出すことは、私たちの使命でもあります。それを合理的に実現するために、最も大切なことは、先ず人・知識・技術を結集することであると考えます。そして、世界中から卓越した研究者が結集する拠点をつくるために、初代センター長藤吉好則博士(現・創薬科学研究科特任教授)の発案により、構造生命科学・計算科学・神経生理学ならびに幹細胞生物学を体系的に統合する学問である「細胞構造生理学」という新しい学問分野が、創始されました。そして、名古屋大学ならびに学外の関係各機関の多大なご支援のもと、平成24年4月に、「細胞生理学研究センター(CeSPI)」が設立されました。

    本センターは、その理念を継承しつつ、国際的で独創性の高い細胞構造生理学の研究を推進します。併せて、同じく平成24年4月に本学に開設された創薬科学研究科ならびに、その母体部局である工学・生命農学・理学研究科、平成25年4月に新設されたトランスフォーマティブ生命分子研究所、名古屋大学医学系研究科や産学連携を進める企業などをはじめ、幅広い研究分野や組織と人的・技術的交流を密に進めながら、わが国の国際競争力の飛躍につながるような、骨太の基礎研究成果を世界に発信します。

    細胞生理学研究センター センター長 廣明秀一 教授

    細胞生理学研究センター センター長 廣明秀一
  • 初代センター長挨拶 (2012.04.01)

    日本をはじめとする先進諸国では高齢化が急速に進み、老いてからも健康で豊かな人生を全うすることの重要性が認識されるようになっている。この様な状況から、医療費の増大も深刻な問題となっており、効率の良い創薬開発や新しい治療法の開発・改良は最も重要な課題となっている。しかし、創薬を実施できる国は、僅かな先進国に現状では限られている。それゆえ、先端医療の発展と創薬分野の進展、そしてそれらを支える基礎生物学研究は我が国が担うべき重要課題である。長期的視点から、この様な研究分野を推進する必要があるという認識に基づいて、「細胞生理学研究センター(CeSPI)」を設立する。

    名古屋大学には、「先端医療・臨床研究支援センター」が医学研究科に設置されて、臨床研究や最先端の医療が先駆的に進められている。さらに平成24年度より「創薬科学研究科」が設立され、創薬に関わる研究教育体制が整えられている。それゆえ、本学の特徴を生かした連携の下に、人類の健康に資するための基盤技術開発をも推進できる生命科学分野の研究センターを設立する。本センターでは、基礎科学研究を推進力として、先端医療や創薬科学と連携することによって細胞構造生理学という新しい研究分野の研究を行う。幅広い研究分野や組織との密な連携を進め、学内外の研究者と技術を本センターに結集することで、国際的で独創性の高い教育研究組織の形成を目指す。

    細胞生理学研究センター センター長  藤吉好則 教授(当時)

    細胞生理学研究センター センター長 廣明秀一