ニュース

細胞生理学研究センターの最新情報をお届けします。

  • 論文掲載のお知らせ

    2024.5.21
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 誌に論文「A hyperpolarizing neuron recruits undocked innexin hemichannels to transmit neural information in Caenorhabditis elegans」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    教員公募のお知らせ

    2024.4.26
    当センターでは准教授、助教(テニュアトラック)の募集をしております。 詳細はこちらをご覧ください⇒准教授助教
    締切:2024年6月28日(金) 

    セミナー開催のお知らせ

    2024.3.28
    第11回 NUSR-CeSPI合同セミナー (2024/4/11)を開催致します。 講師は Wladek Minor 教授 です。今回「Can structural biology keep pace with the digital revolution ?」についてご講演いただきます。事前申込は必要ございません。詳細は フライヤーをご覧ください。
  • セミナー開催のお知らせ

    2023.12.12
    第10回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第39回 細胞生理学セミナー(2024/2/9)を開催致します。 講師は 清中 茂樹 教授 です。今回「分子標的ケモジェネティクス:次世代細胞操作および新たな創薬の可能性」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.12.12
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 誌に論文「A Na pump with reduced stoichiometry is up-regulated by brine shrimp in extreme salinities」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.12.12
    Journal of Biological Chemistry 誌に論文「Specific protonation of acidic residues confers K+ selectivity to the gastric proton pump」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.9.26
    Nature Communications 誌に論文「Structural basis of hydroxycarboxylic acid receptor signaling mechanisms through ligand binding」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.9.20
    Communications Biology誌に論文「Deep learning driven de novo drug design based on gastric proton pump structures」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.7.31
    Nature Communications 誌に論文「The structural basis of divalent cation block in a tetrameric prokaryotic sodium channel」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.7.26
    第8回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第38回 細胞生理学セミナー(2023/9/8)を開催致します。 講師は 寺田透 准教授 です。今回「分子動力学法によるタンパク質の機能解析」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.7.22
    Biochimica et Biophysica Acta (BBA)- Molecular Cell Research 誌に論文「An unusual conformation from Na+-sensitive non-gastric proton pump mutants reveals molecular mechanisms of cooperative Na+-binding」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.7.20
    Biochimica et Biophysica Acta (BBA)- Bioenergetics 誌に論文「Three structures of PSI-LHCI from Chlamydomonas reinhardtii suggest a resting state re-activated by ferredoxin」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.6.5
    第37回 細胞生理学セミナー(2023/7/10)を開催致します。 講師は 服部素之 博士 です。今回「Structure and Function of the CNNM/CorC Family Magnesium Transporter」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.6.5
    第7回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第36回 細胞生理学セミナー(2023/6/16)を開催致します。 講師は 愛場雄一郎 准教授 です。今回「ペプチド核酸PNAによる新規2本鎖DNA認識技術の開発」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.5.22
    第35回細胞生理学セミナー(2023/6/7)を開催致します。 講師は 加藤孝郁 博士 です。今回「Cryo-EMで小さい膜タンパク質に挑む ~分子量という『壁』突破に向けて~」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.3.31
    第6回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第34回細胞生理学セミナー(2023/4/10)を開催致します。 講師は Prof. Poul Nissen です。今回「The role of Na,K-ATPase and plasma-membrane Ca2+-ATPase in neuropsychiatric disorders」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2023.3.20
    Journal of Molecular Biology 誌に論文「Recognition mechanism of a novel gabapentinoid drug, mirogabalin, for recombinant human α2δ1, a voltage-gated calcium channel subunit」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    記事掲載のお知らせ

    2023.3.16
    SPring-8 NEWS 111号(2023年3月号)の研究成果・トピックスに「SPring-8とクライオ電子顕微鏡で解き明かした最強のイオンポンプの仕組み 胃酸ができる仕組みを理解し、創薬に応用」というテーマで記事が掲載されました。 詳細はSPring-8のHPをご覧ください。

    共同研究のお知らせ

    2023.2.22
    株式会社インテージヘルスケアとAI創薬を活用した胃酸抑制剤に関する共同研究を開始しました。 詳細はプレスリリースをご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2023.1.24
    第5回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第33回細胞生理学セミナー(2023/1/27)を開催致します。 講師は 内橋 貴之 教授です。今回「物理的にデザイン可能なタンパク質フォールドの条件解明とそれを用いた新規フォールドタンパク質のデノボデザイン」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。
  • セミナー開催のお知らせ

    2022.11.4
    第4回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第32回細胞生理学セミナー(2022/11/28)を開催致します。 講師は 内橋 貴之 教授です。今回「高速原子間力顕微鏡で探るタンパク質の溶液中ダイナミクス」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2022.9.12
    Nature Communications 誌に論文「Structure and function of H+/K+ pump mutants reveal Na+/K+ pump mechanisms」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2022.9.7
    第3回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第30回細胞生理学セミナー(2022/9/16)を開催致します。 講師は 廣明 秀一 教授です。今回「溶液 NMR 法を用いたタンパク質の自己会合および凝集体研究に関する最近の話題」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2022.7.15
    Communications Biology 誌に論文「Structural insight into the activation mechanism of MrgD with heterotrimeric Gi-protein revealed by cryo-EM」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2022.6.24
    第2回 NUSR-CeSPI合同セミナー / 第29回細胞生理学セミナー(2022/7/15)を開催致します。 講師は成田 哲博 准教授です。今回「細胞骨格構造解析と時空アロステリー」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2022.5.24
    Journal of Medicinal Chemistry 誌に論文「Structural Basis for Binding of Potassium-Competitive Acid Blockers to the Gastric Proton Pump」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2022.2.9
    Science Signaling 誌に論文「Structures of human pannexin-1 in nanodiscs reveal gating mediated by dynamic movement of the N-terminus and phospholipids」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。
  • 論文掲載のお知らせ

    2021.12.17
    Journal of Biological Chemistry 誌に論文「Cryo-EM of the ATP11C flippase reconstituted in Nanodiscs shows a distended phospholipid bilayer inner membrane around transmembrane helix 2」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    受章のお知らせ

    2021.11.9
    令和3年秋の叙勲及び褒章の受章者が発表され、元細胞生理学研究センター長の藤吉 好則先生(現東京医科歯科大学特別栄誉教授)が
    瑞宝重光章>を受章されました。 センター一同、心よりお祝い申し上げます。

    論文掲載のお知らせ

    2021.9.29
    Nature Communications 誌に論文「Gastric proton pump with two occluded K+ engineered with sodium pump-mimetic mutations」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。名大のプレスリリースは、こちらよりご覧ください。

    講習会のお知らせ

    2021.8.6
    クライオ電子顕微鏡・単粒子解析講習会(2021/10/05)を開催致します。日本医療研究開発機構(AMED)「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 ・創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)」の活動として、クライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析の全体像を掴んで頂くことを目的とした初心者向けの講習会です。
    参加費は無料ですが、事前申し込みをお願い致します。 詳細はこちらよりご覧ください。➡ ※募集は終了しました。

    受賞記念講演のお知らせ

    2021.6.14
    大嶋 篤典教授が日本顕微鏡学会 第77回学術講演会にて、第十三回(令和元年度)風戸賞受賞記念講演を行いました。

    教員着任のお知らせ

    2021.6.1
    田中 康太郎さんが助教として着任しました。

    セミナー開催のお知らせ

    2021.03.26
    第28回細胞生理学セミナー(2021/4/27)を開催致します。 講師は田中 康太郎博士です。今回「クライオ電子顕微鏡を用いた構造解析技術のトレンド」についてご講演いただきます。 詳細は こちらよりご覧ください。
  • 教員公募のお知らせ

    2020.12.17
    当センターでは助教(テニュアトラック)の募集をしております。 詳細はこちらよりご確認ください。
    締切:2021年2月15日(月)
      ※募集は終了しました。

    セミナー開催のお知らせ

    2020.10.26
    第27回細胞生理学セミナー(2020/11/30)を開催致します。 講師は北 将樹教授です。今回「タンパク質間相互作用を制御する海洋天然物」についてご講演いただきます。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2020.9.30
    JCell Reports誌に論文「Transport cycle of plasma membrane flippase ATP11C by cryo-EM」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2020.6.5
    Journal of Biological Chemistryに論文「Crystal structure of a human plasma membrane phospholipid flippase」が掲載されました。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナー開催のお知らせ

    2020.5.27
    2020.6.5 に「第26回 細胞生理学セミナー・名古屋大学構造生物系4 研究室 合同 オンラインワークショップ」が開催されます。   詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2020.4.27
    Current Opinion in Structural Biologyに論文「Structural insights into gap junction channels boosted by cryo-EM」が掲載されました。 詳細は こちらよりご覧ください。

    論文紹介記事掲載のお知らせ

    2020.3.12
    2020年2月にeLife誌に掲載された論文「A native prokaryotic voltage-dependent calcium channel with a novel selectivity filter sequence」が<Nature誌>にて紹介されました。

    受賞のお知らせ

    2020.3.9
    大嶋 篤典教授が第十三回(令和元年度)<風戸賞>を受賞しました。詳細は こちらよりご覧ください。
    【研究テーマ】「クライオ電子顕微鏡を用いた細胞間結合チャネルの構造研究」

    論文掲載のお知らせ

    2020.2.25
    eLife誌に論文「A native prokaryotic voltage-dependent calcium channel with a novel selectivity filter sequence」が掲載されました。 詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2020.2.12
    Science Advancesに 論文「Cryo-EM structures of undocked innexin-6 hemichannels in phospholipids」が掲載されました。    詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2020.1.22
    第25回細胞生理学セミナー(2020/1/28)を開催致します。 講師は村田 康信博士です。今回「大脳皮質の神経活動発達における視床の役割」についてご講演いただきます。 詳細は こちらよりご覧ください。
  • セミナーのお知らせ

    2019.12.27
    第24回細胞生理学セミナー(2020/1/9)を開催致します。 講師は鈴木 淳教授 (京都大学)です。今回、「Unbiased screeningを組み合わせることで分かってきた脂質動態の制御機構」についてご講演いただきます。 詳細は こちらよりご覧ください。

    講習会のお知らせ

    2019.11.28
    【2020.02.25 新型コロナウイルス感染症の拡散の状況等を検討し、中止となしました。】クライオ電子顕微鏡・単粒子解析講習会(2020/3/11 午後2時~@創薬研究館2F 講義室)を開催いたします。 日本医療研究開発機構(AMED)「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 ・創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム」の活動として、国内外のクライオ電子顕微鏡の利用を促進するために、膜タンパク質を中心とした単粒子解析の講習会を開きます。内容は、
    (1)講義:サンプル調製からデータ収集(講師:大嶋篤典)
    (2)講義:Relionを使った構造解析(講師:谷一寿 三重大・院医)
    (3)クライオ電子顕微鏡見学
    の3部構成(各1時間)を予定しています。講義資料配布及び人数調整のため、あらかじめ申し込みをお願い致します (詳細はこちら)。

    セミナーのお知らせ

    2019.11.08
    第23回細胞生理学セミナー(2019/12/19)を開催致します。 講師はProf. Jae-Sung Woo (Korea University)です。Woo先生は構造生物学がご専門の若手研究者で、RNA結合タンパク質やトランスポータータンパク質の構造研究に取り組んでおられます。最近はクライオ電子顕微鏡の技術開発にも尽力し、今回ギャップ結合チャネルタンパク質のコネキシンヘミチャネルの高分解能構造解析についてご講演いただきます。 詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2019.8.23
    eLife誌に「A single K+-binding site in the crystal structure of the gastric proton pump」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2019.8.22
    第22回細胞生理学セミナー(2019/9/17)を開催致します。 講師はDr. David Stokes (Professor, New York University)です。Dr. David Stokesはイオンポンプとイオンチャネルのハイブリットとも言うべきバクテリアのK+輸送体 KdpFABC complexの構造を世界で初めて明らかにした著名な構造生物学者です。NYUのCryoEMファシリティーのマネージャーでもあり、今回はX線結晶学の他にCryoEMの構造解析の結果も含めてご紹介頂けると思います。 詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2019.5.10
    【終了】第21回細胞生理学セミナー(2019/6/5)を開催致します。 講師は鈴木 博視博士 (ロックフェラー大学/ポスドク研究員)です。 鈴木先生はX線及び電子線を用いた構造研究に携わってこられました。 今回は単粒子クライオ電子顕微鏡を用い,たAAAファミリータンパク質の構造研究をご紹介いただきます。 皆さま、奮ってご来聴ください。詳細は こちらよりご覧ください。

    Review掲載のお知らせ

    2019.3.1
    Current Opinion in Structural Biology 誌に review「Potential of cryo-EM for high-resolution structural analysis of gap junction channels」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    プレスリリース

    2019.2.18
    Nature Communications 誌に「Morphologic determinant of tight junctions revealed by claudin-3 structures」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。名大のプレスリリースは、こちらよりご覧ください。
  • セミナーのお知らせ

    2018.10.16
    【終了】R第19回細胞生理学セミナー(2018/11/7)を開催致します。 講師はDr. Dror S. Chorev (Physical and theoretical chemistry laboratory,University of Oxford)とDr. Christoph Gerle(大阪大学蛋白質研究所)です。詳細は こちらよりご覧ください。

    プレスリリース

    2018.4.5
    当センターの研究により、胃酸分泌の中心的な役割を担う胃プロトンポンプ(H+,K+-ATPase)の構造を原子分解能で解明し、Nature誌に発表しました。日本語による解説は、こちらよりご覧ください。(掲載記事: 中日新聞朝日新聞共同通信社)

    セミナーのお知らせ

    2018.3.17
    【終了】Richard Henderson博士の講演会(2018/3/16)を開催致しました。 英国ケンブリッジMRCLMBのHenderson博士は、Jacques Dubochet博士とJoachim Frank博士と共に、2017年のノーベル化学賞を受賞しました。Henderson博士は、低温電子顕微鏡(CryoEM)分野の総合的な世界のパイオニアです。 詳細はこちらから

    論文掲載のお知らせ

    2018.1.9
    FEBS Lett. 誌に 「Optimized expression and purification of NavAb provide the structural insight into the voltage dependence」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    講習会のお知らせ

    2018.1.5
    【終了】2018年単粒子解析講習会(2018/3/15 午後2時~ @創薬研究館2F 講義室)を開催致しました。 日本医療研究開発機構(AMED)「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 ・創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム」の活動として、国内外のクライオ電子顕微鏡の利用を促進するために、膜タンパク質を中心とした単粒子解析の講習会を開きます。内容は、
    (1)講義:サンプル調整からデータ収集(講師:大嶋篤典)
    (2)講義:構造解析・モデリング(講師:谷一寿)
    (3)クライオ電子顕微鏡見学
    の3部構成(各1時間)を予定しています。講義資料配布及び人数調整のため、あらかじめ申し込みをお願い致します (詳細はこちら)。 翌日は、2017年のノーベル化学賞を受賞された英国ケンブリッジMRCLMBの Henderson博士の講演が開催されますので、こちらも併せてご参加ください。
  • 論文掲載のお知らせ

    2017.12.14
    Microscopy 誌に review「Structure of an innexin gap junction channel and cryo-EM sample preparation」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2017.11.15
    第18回細胞生理学セミナー(2017/12/6)を開催致します。
    講師は Dr. Katharina Duerr (Structural Genomics Consortium Oxford, Nuffield Department of Medicine, Oxford University, Group Leader, Membrane Protein Structure & Function Group) です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2017.08.14
    Nature Structural & Molecular Biology 誌に「X-ray structures of endothelin ETB receptor bound to clinical antagonist bosentan and its analog」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2017.07.26
    Scientific Report 誌に「The cryo-EM structure of gastric H+,K+-ATPase with bound BYK99, a high-affinity member of K+-competitive, imidazo[1,2-a]pyridine inhibitors」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2017.06.12
    Ann. N. Y. Acad. Sci. 誌に「Crystal structures of claudins: insights into their intermolecular interactions」掲載(on line版)。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2017.04.22
    第17回細胞生理学セミナー(2017/05/10)を開催致します。
    講師は Prof. Gebhard F. X. Schertler (Structural Biology ETH Zurich D-BIOL and Head of Biology and Chemistry Division Paul Scherrer Institute PSI, Switzerland)です。 詳細はこちらから。

    ホームページ更新のお知らせ

    2017.04.01
    研究およびメンバー情報の更新も併せて行っています。

    受賞のお知らせ

    2017.02
    志甫谷渉君(博士後期課程3年生)が第7回日本学術振興会 育志賞を受賞しました。
    【研究テーマ】治療薬および内在性リガンドが結合した、エンドセリン受容体のX線結晶構造解析
  • セミナーのお知らせ

    2016.12.19
    【終了】第16回細胞生理学セミナー(2017/01/11)を開催致しました。
    講師は 大嶋 篤典 博士 (名古屋大学 細胞生理学研究センター)です。 詳細はこちらから。

    セミナーのお知らせ

    2016.12.15
    【終了】第15回細胞生理学セミナー(2016/12/20)を開催致しました。
    講師は Dr. Duncan McMillan (JSPS Research fellow, Department of Applied Chemistry, The University of Tokyo) です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2016.12.01
    膜タンパク質イネキシンの立体構造を単粒子解析により3.3Å分解能で決定。Nature Communications 誌に「 Atomic structure of the innexin-6 gap junction channel determined by cryo-EM」掲載(open access)。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2016.11.02
    【終了】第14回細胞生理学セミナー(2016/11/15)を開催致しました。
    講師は Dr. Florian Hauer  (Max Planck Institute, Founder & COO at labfolder GmbH, Germany)です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2016.09.15(更新)
    京都大学・東京大学・当センターの共同研究により、エンドセリンB型受容体(リガンド非結合型およびET-1結合型)の立体構造を原子分解能で解明し、Nature誌に掲載されました。日本語による解説は、こちらよりご覧ください。(掲載記事: 中日新聞京都新聞)

    教職員公募のお知らせ

    2016.8.29
    【終了】基礎生物学研究部門 細胞生理学研究部門 教授 公募

    論文掲載のお知らせ

    2016.07.14
    FEBS J. 誌に「Molecular determinants of prokaryotic voltage-gated sodium channels for recognition of local anesthetics」掲載。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2016.6.16
    【終了】第13回細胞生理学セミナー(2016/7/4)を開催致しました。
    講師は  野間 健太郎 博士 (University of California, San Diego, HHMI)です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2016.06.13
    Cur. Opini. Struct. Biol. 誌に「Cryo-electron microscopy for structure analyses of membrane proteins in the lipid bilayer」掲載(on line版)。詳細は こちらよりご覧ください。

    受賞のお知らせ

    2015.05.27
    藤吉好則特任教授が「膜タンパク質の構造と機能研究」の研究により第57回藤原賞を受賞しました。

    受賞のお知らせ

    2016.05
    志甫谷渉君(博士後期課程3年生)が名古屋大学学術奨励賞を受賞しました。
    【研究テーマ】治療薬および内在性リガンドが結合した、エンドセリン受容体のX線結晶構造解析

    セミナーのお知らせ

    2016.4.25
    【終了】第12回細胞生理学セミナー(2016/05/11)を開催致しました。
    講師は  Dr. Sriram Subramaniam (NIH)です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2016.04.06
    京大との共同研究によりJ. Mol. Biol.誌に「エンドセリンB型受容体の耐熱安定化」掲載(on line版)。詳細は こちらよりご覧ください。

    論文掲載のお知らせ

    2016.02.13
    J. Mol. Biol.誌に「イネキシンギャップ結合チャネルの16量体構造」掲載(on line版)。詳細は こちらよりご覧ください。

    研究職員公募のお知らせ

    2016.01.12
    【終了】基礎生物学研究部門 細胞生理学研究部門 研究職員募集
  • 論文掲載のお知らせ

    2015.12.21
    Eur. J. Neuroscience誌に「PSD-95遺伝子変異によるDGシナプスの性質変化」掲載(on line版)。詳細は こちらよりご覧ください。

    セミナーのお知らせ

    2015.11.16
    第11回細胞生理学セミナー(2015/12/9)を開催致しました。
    講師は Karen Davies 博士  (Max-Planck-Institute of Biophysics)です。 詳細はこちらから。

    セミナーのお知らせ

    2015.11.16
    第10回細胞生理学セミナー(2015/11/30)を開催致しました。
    講師は 鈴木博視 博士  (Rockefeller University )です。 詳細はこちらから。

    論文掲載のお知らせ

    2015.11.09
    Microscopy誌に「水チャネルAquaporin-4の薬剤結合型立体構造」掲載(open access)。詳細は こちらよりご覧ください。

    受賞のお知らせ

    2015.06.19
    齊藤恭紀君(博士後期課程2年生)が名古屋大学学術奨励賞を受賞しました。
    【研究テーマ】毒素とクロ-ディンとの複合体構造の解析による密着結合の構造・機能研究

    セミナーのお知らせ

    2015.3.26
    第9回細胞生理学セミナー(2015/03/27)を開催致します。
    講師は 尾藤晴彦 教授  (東京大学大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 神経生化学分野)です。 詳細はこちらから。

    プレスリリース

    2015.2.13
    更新2.27
    当センター・阪大の共同研究により、クローディン19と毒素(C-CPE)の複合体構造を原子分解能で解明し、Science誌に発表しました。日本語による解説は、こちらよりご覧ください。また、この論文は同号のperspectiveでも解説されています。(掲載記事: 中日新聞朝日新聞化学工業日報)

    教職員公募のお知らせ

    2015.2.9
    基礎生物学研究部門 細胞生理学研究部門 准教授 公募 【4/15 締切りました】
  • セミナーのお知らせ

    2014.12.10
    第8回細胞生理学セミナー(2015/01/21)を開催致します。
    講師は  Niels Fisher 博士  (Max Planck Institute)です。 詳細はこちらから。

    産学連携部門の情報更新

    2014.11.10
    メルク株式会社 が新しく産学連携部門に加わりました。 組織情報のページはこちらから

    セミナーのお知らせ

    2014.08.22
    第7回細胞生理学セミナー(9/29)を開催致します。
    講師は  Yifan Cheng 博士  (University of California, San Francisco)です。 詳細はこちらから。

    ホームページリニューアルのお知らせ

    2014.05.21
    研究およびメンバー情報の更新も併せて行っています。

    プレスリリース

    2014.04.18
    当センター・東大・阪大の共同研究により、クローディン15の構造を原子分解能で解明し、Science誌に発表しました。日本語による解説は、こちらよりご覧ください。(掲載論文:[Free Access]、掲載記事中日新聞朝日新聞)

    産学連携部門の情報更新

    2014.03.12
    アステラス製薬株式会社が新しく産学連携部門に加わりました。組織情報のページはこちらから

    セミナーのお知らせ

    2014.03.01
    第6回細胞生理学セミナー(3/13)を開催致します。
    講師は 林雄太郎 客員主管研究員 (理化学研究所・糖鎖構造生物学研究チーム)です。 詳細はこちらから

    受賞のお知らせ

    2014.02.22
    谷一寿博士が「極低温電子顕微鏡による膜タンパク質の二次元結晶構造解析」の研究により、第七回(平成25年度)風戸賞を受賞しました。
  • 産学連携部門の情報更新

    2013.12.10
    三井化学アグロ株式会社, オリエンタル酵母工業株式会社, 株式会社オリエンタルバイオサービス が新しく産学連携部門に加わりました。 組織情報のページはこちらから

    セミナーのお知らせ

    2013.10.25
    第5回細胞生理学セミナー(11/7)を開催致します。
    講師は 入江克雅 特任助教 (名古屋大学 細胞生理学研究センター) です。 詳細はこちらから

    受賞のお知らせ

    2013.09.11
    阿部一啓博士が「胃プロトンポンプの生化学と電子線結晶構造解析」の研究により、 平成25年度日本生化学奨励賞を受賞しました。

    セミナーのお知らせ

    2013.08.22
    第4回細胞生理学セミナー(9/10)を開催致します。
    講師は Matthias Quick博士 (Columbia University) です。 詳細はこちらから

    公募情報更新

    2013.08.12
    基礎生物学研究部門 細胞生理学研究部門 助教 (締め切りました)。

    産学連携部門の情報更新

    2013.06.27
    タカラバイオ株式会社が新しく産学連携部門に加わりました。 組織情報のページはこちらから

    産学連携部門の情報更新

    2013.06.03
    株式会社三和化学研究所日本電子株式会社が新しく産学連携部門に加わりました。 組織情報のページはこちらから

    ホームページリニューアルのお知らせ

    2013.05.02
    内容を含め刷新。特に、研究およびメンバー情報を充実させました。

    新センター長就任のお知らせ

    2013.04.01
    創薬科学研究科創薬分子構造学講座構造分子薬理学分野の廣明秀一教授がセンター長 として就任されました。
    挨拶はこちらから

    名古屋シンポジウム のお知らせ

    2013.01.22
    当センター発足を記念する国際会議、名古屋シンポジウム Frontiers in Structural Physiology を開催致します。
    詳細は、こちらよりご覧いただけます。

    当センターの掲載記事

    2013.01.10
    Nature Japanに当センターの特集記事掲載されました。
    詳細は こちら
  • センター長挨拶

    2012.04.01
    藤吉好則教授が初代センター長として就任されました。挨拶はこちらから

    ホームページ開設

    2012.04.01
    当センター発足に伴いホームページを開設。